【 緑ドレスメーカー服飾専門学校 】 ファッション・デザイン専門 ・オートチュール技法

FrontPage

MIDORI DRESSMAKING FASHION COLLEGE

トップページ

ごあいさつ

新年明けましておめでとうございます

本校は、今年創立73年をおかげさまで迎えます。
2020年の五輪・日本 東京開催の年、創立75年にむけて
本年も、やってまいりたいと思っております。

私は、終戦後まもなくから、この道をひたすら歩み続けてまいりました。

これもひとえに、佐賀で今日まで
服飾教育の中で、さまざまなみなさまとの
心温まる交流とご支援をいただきましたおかげと感謝いたしております。

激変する社会の中、プロフェッショナルな人材を輩出させるべく、
長きにわたって支えてくれました当校の教員と共に、
”ものづくり教育”の種をまき、人を育ててまいりました。

これからもひとつずつ、絆を大切に、ふるさとの地で
服飾を通して、技術の研鑽教育を、重ねてまいれたらと思っております。

若いみなさまの未来に、
「服飾技術」が一生の財産となることを願っております。

また、これまで当校へいただきました暖かいお声や、ご協力に心より感謝申し上げます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

           学校長  谷口 緑

Frame
MIDORI DRESSMAKING FASHION COLLEGE


昨年のセミナーにつきまして

  昨年のセミナー概要はこちらから

Frame

0-25.png 谷口 緑・服飾のあゆみ
谷口緑・佐賀新聞社への”ディオールレポート”掲載

   

昭和18年
(1943)
佐賀市柳町に洋裁研究所開設。

昭和20年
(1945)
緑ドレスメーカー服飾専門学校となる。
昭和39年
(1964)

パリ服飾ゼミナールに参加。佐賀新聞特派員の資格で50日間欧州各国を歴訪。パリではディオールの新作発表のショーを見学。美しいフォルムに感動。
帰国後、 佐賀新聞社にディオールの資料を提供"日本独占"レポートとして掲載。(S39.10.28)


昭和45年
(1970)

念願の立体裁断学を学ぶため、ニューヨーク州立FIT大学に短期留学。帰国後、立体裁断科を新設。企業に適応する人材を育成。


昭和54年
~ 63年
(1970)

NDCグランプリコンテストでグランプリ賞受賞。その後、総理大臣賞3回受賞。


昭和60年
(1985)

佐賀県芸術文化賞受賞。
(2000)佐賀県功労者表彰。(2001)内山文化賞受賞(佐賀市文化連盟)。


昭和62年
(1987)

'87ソウル日韓国際ファッションショーに総理大臣賞受賞("流水")が招聘出品。 (会場は3倍の人で揺れる)


昭和63年
(1988)

中国教育司(北京)より招聘を受け、中国服飾系大学選抜26校の若き指導者達に服飾デザイン立体裁断を開講して、23年間、日中文化交流の教育に寄与した。


平成元年
(1989)

佐賀市政100周年記念SAGA街ファッションショー開催。
(1990)佐賀市政功労賞表彰。


平成2年
(1990)

中国紡織大学顧問教授 谷口緑ファッションショー開催(上海)
大講堂3回9000名。


平成8年
(1996)

全国服飾学校協会顕彰により服飾教育文化賞(於:東京私学会館)受賞。
佐賀新聞文化賞受賞。


平成15年
(2003)

勲五等瑞宝章受章。


平成19年
(2007)

中国浙江理工大学創立110周年祝賀式典に招聘を受ける。学校史の展示館に 外国客員教授第1号として「1988 谷口緑服飾学科」として展示 をうける。


平成20年
(2008)

佐賀市文化連盟の創設に尽力した谷口 薫(故人)の意志により市文化連盟の発展を祈念し基金を寄付。谷口文化奨励賞基金が設立された。


平成22年
(2010)

創立65周年記念ファッションショー(於:佐賀アバンセホール)開催。

中国浙江理工大学創立110周年祝賀式典
中国浙江理工大学での学校史の展示館で「服装」分野で掲載された

a:24369 t:10 y:13

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional